上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盛岡ハートネットさんで行われるイベントのお知らせです。
精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」第21回例会「福島と共に…part2」

                  第21回例会「福島と共にpart2」

東日本大震災から6年半以上がたちました。岩手と宮城はずいぶん復興が進んできましたが、福島県浜通り北部の相双(そうそう)地区は、今なお原発事故の影響が深刻です。風評被害にも苦しんでいます。
 今回のゲストは、相馬市を拠点に、相双地区で暮らす人たちの心のケアに奮闘している「相馬広域こころのケアセンターなごみ」センター長の米倉一磨さんです。
 米倉さんは2013年7月にもハートネットで講演していただきました。今回は、その後の相双の復興状況、なごみの取り組みなどについて話を聞き、福島の人たちの心の復興のために、私たちにできることをみんなで考えましょう。
 私たちは震災で、たくさんのつながりを失いました。でも、新しいつながりを少しずつ広げていきませんか?

日時:2017年10月29日(日曜日)17:30~20:00(開場17:00)

場所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
(ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物の3階です)

ゲスト:米倉一磨さん
(福島県相馬市・相馬広域こころのケアセンターなごみセンター長、精神科認定看護師)

参加対象:どなたでもどうぞ!

参加費:300円以上 ☆全額、福島のためにカンパします。


◎ 今回は夜の時間帯です。遠方の方は、くれぐれも運転にご注意を。
◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。

☆福島のお菓子、取り揃えています!

【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/

※詳しくは画像をクリックしてご覧ください
スポンサーサイト
平成29年10月7日(土)ソイプラム主催の講演会を開催いたします。

  糸川昌成先生 仙台講演会
              「脳と心」
  ~今後の統合失調症治療に関する光と希望について~

     171007糸川昌成先生講演会チラシ

◆講師:糸川昌成氏
  〈プロフィール〉精神科医。東京都医学総合研究所・病院等連携研究
  センター長。分子生物学者としての研究と同時に精神科医としても診
  察を行う、統合失調症研究の第一人者であり、2015年には日本統
  合失調症学会で会長を務めた。母親が当事者であったことを公表し、
  家族の立場から生物学的精神医学の在り方を見直している。最新研
  究の統合失調症カルボニルストレス説が注目を集めている。
  【近著】統合失調症が秘密の扉をあけるまで(2014年)、科学者が脳
  と心をつなぐとき(2015年)

◆月日:平成29年10月7日
◆講演:14時~16時(開場:13時30分)
◆入場料:1,500円
◆定員:200名
◆会場:仙台市医師会館2階ホール
     仙台市若林区舟丁64‐12
     電話 022-227-1531
     地下鉄 仙台駅より富沢方面行・・約5分
     河原町駅下車、北出口より徒歩3分
     タクシー 仙台駅より・・約10分
     4号線を河原町方面へ、旧南警察署跡と指定

◆お申し込みにつきましては、下記いずれかの連絡先へお申し込みの上、
 当日受付にて入場料をお支払いいただくようお願いいたします。
 〈ソイプラム事務局〉     
 TEL/FAX:022-279-4259(吉田)
  090-2953-8928(9時~17時、浦山・富田)
 e-mail:npo.soyplum@gmail.com(事務局)

主催:特定非営利活動法人ソイプラム
後援:公益社団法人宮城県医師会
    一般社団法人仙台市医師会
    宮城県精神保健福祉士協会
    河北新報社
協力:医療法人社団 原クリニック

◆詳細は画像をクリックしご覧ください

平成29年6月24日(土)ソイプラム主催の講演会を開催いたします。

   べてるの家セミナー in 仙台
      「弱さを絆(きずな)に」
  ~精神障がい当事者の病気と社会とのつき合い方~

     170624べてるセミナ仙台チラシ

◆北海道浦河町の「べてるの家」で活躍している向谷地生良先生より、「べてるの家」
メンバーがどのようにして活き活きと生活しているかなどを中心に、精神障がい当事者
の思考伝播や対人不安といった病気とのつき合い方、就労などによる社会とのつなが
り方、および自立支援などにかかわるお話をいただきます。

◆講師:向谷地生良氏〈北海道医療大学教授・浦河べてるの家理事〉
     べてるの家メンバー

◆月日:平成29年6月24日(土)
◆開場:9時30分
◆講演:9時45分~11時30分
※開場時間が141ビル開店前となりますので、東二番町通り側入口と地下鉄
連絡通路が使えません。お手数をおかけいたしますが、ご来場の際は一番町
アーケード側正面入口よりお越しください


◆参加費:一般の方 1,000円、当事者の方 500円
◆定員:150名
◆会場:エル・パーク仙台6階「スタジオホール」
     仙台市青葉区一番町4丁目11番1号 141ビル
     電話 022-268-8300
     地下鉄 仙台市営地下鉄南北線 勾当台公園駅下車
     バス 商工会議所前、又は定禅寺通市役所前下車
     http://www.sendai-l.jp/whats/

◆お申込みにつきましては、下記電話番号かEメールへ
お名前・住所・TEL番号を添えて事前にお申込ください。
参加費につきましては、当日会場でのお支払いをお願いいたします。

〈問合せ・申込み〉NPO法人ソイプラム事務局
TEL:022-279-4259
    090-2953-8928(9時~17時)
E-MAIL:npo.soyplum@gmail.com

主催:NPO法人ソイプラム

◆詳細は画像をクリックしご覧ください
2016年9月3日(土)ソイプラム主催の講演会を開催したします。

斎藤環先生 仙台講演会
 開かれた関係と対話が持つ力
 …「オープンダイアローグ」からのアプローチ…


       160903斎藤環先生仙台講演会

◆「ひきこもり」の名付け親として有名な精神科医の斎藤環先生が、今回仙台において
「ひきこもり」に関するお話をはじめとして、最近注目を集めている、フィンランドで実践さ
れている精神疾患の治療法「オープンダイアローグ」とは何か?についてお話をいただ
きます。
◆オープンダイアローグとは?
「オープンダイアローグ」は「開かれた対話」と訳され、フィンランドのファミリー・セラピストを
中心に1980年代から実践されている、毎日一定の時間会話するというだけで、向精神薬を
ほとんど使わず、患者を批判しないでとにかく会話するなどのルールによる治療のとのことで、
入院しないあたらしい精神科治療法の世界的な潮流となっています。

◆講師:斎藤環氏
  〈プロフィール〉精神科医、批評家。岩手県生まれ。筑波大学医学博士、
  爽風会あしたの風クリニック(千葉県船橋市)診療部長。精神保健指定医。
  社団法人青少年健康センター参与。専門は、思春期・青年期の精神病理学、病跡学。
  「ひきこもり」の治療・支援に携わる。著書にひきこもり文化論(ちくま学芸文庫)、
  ひきこもりから見た未来(毎日新聞社)、オープンダイアローグとは何か(医学書院)等多数。
  
◆月日:平成28年9月3日(土)
◆開場:13時30分
◆講演:14時~16時
◆参加費:1,000円
◆定員:250名
◆会場:仙台市福祉プラザ「ふれあいホール」
     〒980-0022 仙台市青葉区五橋2丁目12番2号
     電話 022-213-6237
     地下鉄 五橋駅南1出口から徒歩約1分
     http://www.shakyo-sendai.or.jp/n/aboutus/shakyo/traffic

◆お申込みにつきましては、下記電話番号かEメールへ
お名前・住所・TEL番号を添えて事前にお申込ください。
参加費につきましては、当日会場でのお支払いをお願いいたします。

〈問合せ・申込み〉NPO法人ソイプラム事務局
TEL:022-279-4259
    090-2953-8928(9時~17時)
E-MAIL:npo.soyplum@gmail.com

主催:NPO法人ソイプラム

◆詳細は画像をクリックしご覧ください
2014年9月15日(月)ソイプラム主催でべてるセミナーを開催します。
このセミナーは、「みやぎ生協ほっとわ~く助成金」より助成を受け開催されます。

べてるセミナーin仙台
「病気との付き合い方の当事者研究」

          べてるセミナーin仙台2014
日時:2014年9月15日(月)9:30~16:30
場所:仙台市市民活動サポートセンター 6階 セミナーホール
(地下鉄広瀬通駅 西5番出口すぐ。or 市営バス「商工会議所前」徒歩3分)

講師:向谷地生良氏(浦河べてるの家/北海道医療大学教授)
   ベてるの家メンバ-

〈午前の部〉9:30~12:00
 テ-マ:「続けるための当事者研究」
       ~もう一度始めよう~
対象:当事者 定員:60名
参加費:無料

〈午後の部〉13:30~16:30
 テ-マ:「病気との付き合い方の当事者研究」
対象:一般・学生・当事者 定員80名
参加費:一般・学生 1000円
     当事者 無料

*お申込みは、お名前・住所・TEL番号、午前/午後どちらに
 参加希望かを添えて事前にお申込ください。
 参加費につきましては、当日会場でのお支払をお願いいたします。

〈問合せ・申込み〉ソイプラム事務局
 TEL/FAX 090-2953-8928
 E-MAIL:npo.soyplulm@gmail.com

主催:NPO法人ソイプラム
助成団体:みやぎ生協こ~ぷほっとわ~く助成金

※事前申し込みが必要です。
詳細は画像をクリックしてご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。